So-net無料ブログ作成

ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売

"ProxySGVAの管理画面"  ブルーコートシステムズは3月16日、企業の支社などの仮想化環境での運用に対応したWAN高速化ソフトの新製品「Blue Coat ProxySG Virtual Appliances(ProxySGVA)」を発売した。 新製品は、VMware ESX 3.5で動作可能な製品で、推奨ユーザー数が10人までの「ProxySGVA-5」、同50人までの「VA-10」、同125人までの「VA-15」、同300人までの「VA-20」の4モデルを提供する。米DellのPowerEdgeサーバ上での動作を確認済みで、IBMやHewlett-Packard、富士通、日本電気などのサーバでも利用できるとしている。 基本機能はWAN高速化アプライアンス製品と同様で、ファイル転送やメール、マルチメディアなどの多様なアプリケーションに対応。パフォーマンスはアプライアンス製品に比べて制約を伴うものの、WAN帯域の50〜99%の削減とレスポンス時間の30倍の短縮が可能になるという。 同製品の運用に必要な物理サーバのリソースは、ProxySGVA-5の場合で仮想CPUが1コア、メモリが1Gバイト、VA-20の場合では仮想CPUが3コアでメモリが3Gバイトとなっている。 製品展開の狙いについて、マネージングディレクターのマッド・ベネット氏は、「仮想化技術を活用して支店のITリソースの統合や最適化に取り組む企業が増え、WAN高速化ソリューションを仮想化環境に組み込めるようにすることで、ユーザーの選択肢が広がる」と説明した。 同製品を利用することで、WAN高速化を含めた仮想化導入による物理サーバの削減やコスト削減などのメリットをユーザー企業が得られるようになると、同氏は述べている。 製品価格はいずれもオープンで、31日から出荷を開始する。■関連記事ブルーコート、クラウド活用のセキュリティソリューションを発表ブルーコート、映像などに対応したURLフィルタ機能を強化【ブルーコートシステムズ】に関連する最新記事【WAN高速化】に関連する最新記事【仮想化】に関連する最新記事

シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入

 シャープ株式会社(以下、シャープ)は、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した画像を高画質でプリントできるデジタルフルカラー複合機「MX−4500DS」を、株式会社デイリーヤマザキ(以下、デイリーヤマザキ)のコンビニエンスストア1500店舗へ納入した。「MX−4500DS」は、オフィス向けデジタルフルカラー複合機をベースに、デジタル画像プリントやファクス送受信など、デイリーヤマザキが提供する各種サービスに対応した多彩な機能を搭載している。使用後にデータを自動的に削除するセキュリティ機能により、安心して各種サービスを利用できる。概要は次の通り。■デイリーヤマザキ向けデジタル複合機の主な特長1.デジタルカメラなどで撮影した画像をプリントし、証明写真(「パスポート」、「住基カード」など、一部利用できないものあり)やL判サイズ写真、オリジナルカレンダーにできる:デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した画像を高画質でプリントし、証明写真、L判サイズ写真にできる。また、カレンダー作成にも対応し、子供やペットの写真を使ったオリジナルカレンダーが簡単に作れる。デザインは、シンプル、和風、ポップなど、6種類を用意した。卓上に組み立てて置くことができる「クラフト卓上タイプ」と最大A3サイズのカレンダーが作成できる「ノーマルタイプ」から選べる。2.メモリーカード、USBメモリに加え、赤外線通信によるデータ転送に対応:SDメモリーカードなどの各種メモリーカード(対応メディア:SDメモリーカード、メモリースティック、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、マイクロドライブ)やUSBメモリに加え、赤外線通信IrSimple規格/IrSSによるデータ転送に対応。デジタルカメラや携帯電話から手軽にデータの転送が可能。3.8.4インチタッチパネル液晶で簡単操作:本体横に設置されたカラー液晶画面上に表示されるガイダンスに従ってタッチ操作するだけで、写真やカレンダーのプリント機能を簡単に利用できる。(『シゴトの計画』編集部)■関連記事シャープ、SELと共同で開発した技術が大河内記念技術賞を受賞シャープ、KDDI向けデジタルカメラケータイの納入開始シャープ、3月1日付けの人事異動を発表シャープ、高濃度プラズマクラスターイオンでの肌保湿効果を実証シャープ、高性能CPUを搭載したコンパクト設計のPOS端末発売

「温かく見守って」 沢尻エリカが芸能活動に本格復帰 たかの友梨の新CM発表会

 昨年秋に所属事務所との契約を解除され、芸能活動の休止に追い込まれていた女優の沢尻エリカ(23)が、本格的に芸能界での仕事に“復帰”を果たした。その第一弾として16日午後、エステティックサロン「たかの友梨ビューティクリニック」の新しいCM発表の記者会見に姿を見せた。 沢尻は「正直、不安もいっぱいありますが、温かく見守っていただけるとうれしく思います。現場に帰ってこられて、喜びを感じております」とあいさつした。 これに先立ち、東京・銀座のソニービルの壁面には「沢尻エリカ、解禁。」のキャッチコピーで、沢尻を起用した同クリニックの巨大ポスターが出現。注目を集めている。 沢尻は平成19年秋、主演映画「クローズド・ノート」の舞台あいさつで撮影エピソードを聞かれ、不機嫌そうに「別に」と発言したことで、メディアからバッシングを受けた。映像作家の高城剛さんと昨年、結婚した。

エフセキュアが新しいライセンス形態の 「エフセキュア ビジネス スイート」を発売開始

6つのエフセキュア製品を自由に組み合わせて利用できる新しいライセンス形態でソフト資産管理の手間を軽減エフセキュア(本社: 神奈川県横浜市、日本法人代表: 桜田 仁隆、以下エフセキュア)は、エフセキュアが企業向けに提供している6つのセキュリティ ソリューションを同梱したビジネス スイート製品「エフセキュア ビジネス スイート」を4月1日より発売します。「エフセキュア ビジネス スイート」は、エフセキュアが企業向けに提供している6つのセキュリティ ソリューションを同梱したスイート製品です。クライアント向けアンチウイルス、Windowsサーバ向けアンチウイルス、Linuxゲートウェイ型アンチウイルス、集中管理ツールなどが含まれており、ユーザ数と環境に応じて必要な機能を容易に組み合わせることができます。人員の増減などの経営状況や、IT環境の変化に迅速に対応でき、ライセンス管理の手間のプロセスを簡素化することができます。■「エフセキュア ビジネス スイート」に含まれる6製品概要1. 「エフセキュア ポリシーマネージャ」「エフセキュア ビジネス スイート」製品のインストール、更新、アップグレード、および設定、管理を日本語GUIを通して一元的に行うことができる集中管理ツールです。Web ベースのレポート機能も搭載しています。2. 「エフセキュア クライアント セキュリティ」Windows端末におけるウイルス、スパイウエア、ルートキットをリアルタイムに検出・駆除し、さらに侵入防止機能、アプリケーション制御等を搭載した統合型セキュリティソフトです。3. 「エフセキュア アンチウイルス ワークステーション」Windows端末向けのアンチウイルスソフトです。PCクライアントのウイルス、スパイウエアをリアルタイムに検出・駆除します。4. 「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ」Windowsサーバ向けのアンチウイルスソフトです。サーバ本体のウイルス、スパイウエアをリアルタイムに検出・駆除します。5. 「エフセキュア アンチウイルス Microsoft Exchange」Microsoft Exchangeサーバ向けのゲートウェイ型アンチウイルスソフトです。Microsoft Exchange Serverの2003、2007、2010を含むプラットフォームをサポートしています。6. 「エフセキュア Linux ゲートウェイ」Linuxサーバ向けのゲートウェイ型アンチウイルスソフトです。Ubuntu、Debian、CentOSを含む幅広いディストリビューションをサポートしており、マルチプロトコル(SMTP、HTTP、FTP、 POP3)対応です。■価格-------------------------------------1-4 ユーザ ¥13,0005-9 ユーザ ¥13,00010-24 ユーザ ¥11,12025-49 ユーザ ¥9,08050-99 ユーザ ¥7,510100-249 ユーザ ¥6,300250-499 ユーザ ¥5,140 500-999 ユーザ ¥4,200 1000-2499 ユーザ ¥3,820 2500-4999 ユーザ ¥2,950 5000-9999 ユーザ ¥2,170 10000-24999 ユーザ ¥1,94025000-49999 ユーザ ¥1,46050000- ユーザ ¥1,220-------------------------------------※乗換割引/教育・医療・介護機関向け割引制度有り。*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

「ついたぐ」タイムラインからタグクラウドを生成

ツイッターのタイムラインからタグクラウドを生成する「ついたぐ」というサービスがリリースされています。..... 続きはコチラ

寸借詐欺男、1年後に同じ店・同じ手口で御用(スポーツ報知)

 奈良県葛城市のパン店を訪れて、現金5000円をだまし取ったとして、奈良県警は3日までに住所不定、自称無職の高森茂宏容疑者(75)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 高田署によると、同容疑者は昨年4月下旬の午後2時頃、同店を訪れて「お金を落とした。お金を貸してください。1週間以内に返します」と懇願。架空の名前、住所、電話番号を経営者の男性(47)に伝え、5000円を借りたがそのまま消息不明になっていた。

 味をしめた同容疑者は、1回目の犯行から約1年後にあたる今月2日の午後に同店を再訪。再び「お金を落とした」と同じ文句を口にしたため、経営者が「あの時の男だ」と容疑者の顔を思い出し、こっそり110番通報。駆けつけた署員は任意同行を求めて身柄を確保し、2日午後9時20分に詐欺の疑いで通常逮捕した。

 逮捕当時、容疑者はノーネクタイながらブレザーっぽいスーツに身を包んでおり「パッと見は普通のおじさん風」だったという。容疑者は容疑を否認しているが、同じ手口で同じ人物をだまそうとは、あまりにも虫がよすぎたようだ。

 【関連記事】
葛城市 パン店 奈良県警 を調べる

<佐藤錦>山形・東根で出荷が始まる (毎日新聞)
政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に−沖縄知事(時事通信)
<米大使公邸>米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
究極の春を! 農家レストランで新鮮春野菜 (産経新聞)

ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期

写真拡大COOLPIX S4000  写真一覧(4件)  ニコンイメージングジャパンは16日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S4000」と「COOLPIX S3000」の一部のカラーモデルを発売延期にすると発表した。 発売延期の対象製品は、S4000のルビーレッドと、S3000のアクアブルー/ポップグリーン。いずれも2月23日の製品発表時には発売日を3月19日に予定していたが、今回、4月2日に延期された。延期の理由は、注文が当初予定した数量を大幅に上回り、十分な台数を用意できないためとしている。 その他のカラーモデルとして、S4000のブライトブロンズ/シャイニーシルバーと、S3000のファインオレンジ/ピュアシルバー/ビビッドピンクは、当初の発表どおり3月19日の発売を予定している。 両製品はともに光学4倍ズームで有効画素数が1,200万画素。「おまかせシーンモード」や「顔認識AF2.0」、「笑顔自動シャッター」、「美肌効果」などの機能を備えている。さらにS4000は、タッチパネル操作が可能な3型液晶ディスプレイを搭載するモデルで、ディスプレイ上の被写体にタッチするだけで瞬時にピントと露出を合わせて撮影する「タッチシャッター」などを搭載。動画撮影機能はステレオ音声付きハイビジョン画質に対応する。S3000は、約19mmの薄型ボディを特徴としている。■関連ニュースタッチパネル式3型液晶搭載モデルなどポラロイドのコンデジ3モデルポラロイドブランドのプリンター内蔵デジカメニコン、夜撮り対応やタッチパネル式などコンデジ「COOLPIX」3モデルシグマ、デジタル一眼レフの技術を採用したコンデジ2製品年末商戦向けの型落ちモデルが今買い時!?――カカクコム調べ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。